医者

気を付けたい胃の病気

レントゲン写真を見る医師たち

胃がんは胃に腫瘍ができてしまい、膨満感や食欲低下などの症状が見られます。しかし、初期は症状があらわれにくく、発見が遅れる場合も少なくありません。今の医療では負担を抑えた治療が行われ、発見が早いほどほとんど完治できるようになっています。

検診の目的

お腹を押える女性

検査をする

大腸がんは、50才ぐらいから発症する病気です。早期発見であれば、治ります。しかし、早期に見つからず、治療をしているケースもあります。そこで、大腸が進行しないためにも検査をすることができます。それは、健康診断です。会社などでおこなっている場合や、個人で調べてもらうこともできます。大腸がんの検査の方法は簡単です。便を採取して、検査結果を待つだけです。そうすることで、大腸がんかどうかわかります。血便がある場合は、大腸がんの可能性が高い事もあるので、気になる症状があれば、受診をしましょう。また腹痛や下痢と便秘の繰り返しであれば、一度診てもらうといいいでしょう。早期に発見することで、治る確率も高くなります。

早期治療を目指す

検査の際には、精密検査が必要になると、病院を診察をして、血液検査やエコー検査などをします。また、そこで異常がないのであれば、定期的な検診だけ行なうことで大丈夫です。しかし、大腸がんになると治療内容も癌を切除をしたり、内相や腹部の切除を行っていきます。また進行具合によっては、化学療法も増えていきます。深刻であれば、あるほど、治療も大変になります。患者さんの体だけではなく、医療費も負担が大きくなります。なので、日頃からそうならないためにも検査をしておくのがいいです。もし、大腸がんになっても、患部が2センチ以内であれば、内視鏡でとってもらうことができます。そして、ほとんどの場合は治癒することができるので、怖がらずに定期的に検査をしてみるといいです。

特徴と新しい治療法

病院のベッド

肝臓がんは突然発症するのではなく、肝硬変やB型、C型肝炎から発症することが多いのが特徴です。また、転移による発症が多いのも特徴です。肝臓がんに対する研究は日夜行われていて、次々と画期的な治療法が開発されています。今後臨床実験を重ねて実用化されるでしょう。

頻度の低い消化器のがん

救急車の置物

十二指腸がんは消化器のがんの中では発生頻度が低く、原因や治療法がよく分かっていないところがあります。早期発見すれば治療成績を上げられますが、ポリープと区別しにくい場合があるので、精密検査を受けることが大切です。